はじめに

サーキット走行やレースやジムカーナでは、「タイム判るけど、どのラインを走った際に一番良いタイムが出たのか判らない」、「どのラインがタイムアップへの近道か判らない」、「プロレーサーに同乗したがラインを思い出せない」、「最適なブレーキングポイントが判らない」といった事がありませんか? サーキットでマストアイテムである、タイム計測器ですが、それだけでは自分の走行ラインは判りません。 GPS Racing Line TracerはTransystem社製TripMate852のプラス・エス特別仕様を採用し、10Hz(ログ間隔0.1秒)を簡素な操作で実現しました。また同梱ソフトのPSLapManagerPro+GPSで走行ラインのみならず、LAP SHOTのデータもダウンロード可能で、セッティングデータを含め走行時の情報を余す事なく記録及び管理出来ます。

こんなシーンで

  • サーキット走行、レース、ジムカーナの走行ラインやブレーキングポイントの確認に
  • 仲間内やライバルとの走行ライン比較に
  • 磁気バーの埋設されていないサーキットでの簡易ラップタイム計測に
  • セッティング別の走行データとLAP SHOTの総合データ管理に

製品概要

  • 小型高速GPSロガーに10Hz(0.1秒間隔)の緻密な軌跡を記録
  • AGPS対応で電源ON後、素早く衛星をキャッチ&記録開始
  • microSD&microSDHC仕様で余裕の大容量メモリ対応
  • 単4電池仕様なので充電不要で即利用可能(最大連続約12時間使用可能)
  • ソフトで簡単USB接続で走行ライン,G,速度等を見易く表示
  • AVCO社製LAP SHOT(LP-01/02/03)と通信可能で正確なタイムとリンクし管理
  • 走行時の気候やマシンセッティングも同時に管理
  • 磁気バーの無いサーキットでも簡易ラップタイムが算出可能
  • コース図エディタで収録コース以外のサーキットやジムカーナにも対応
  • 自動アップデート機能で新規コースデータやソフトのアップデートが可能

動画&操作デモ

GPS Racing Line Tracer基礎編
Card image
メインの基本操作

基本的な操作のデモ動画です。

GPS Racing Line Tracerコース図作成編
Card image
オリジナルのコース図の作成

ご自身でコース図の作成が可能です。

GPS Racing Line Tracer CM編

PLUS S, Inc.

1994年~埼玉県さいたま市にてシステムやソフト開発をやっております。
ソフト開発やシステム開発はお問い合わせください。


プライバシーポリシ
特定商取引法に基づく表示

Subscribe

© Copyright 2017 PLUS S, Inc. - All rights reserved.